結婚指輪はどう選ぶ

結婚指輪は、婚約指輪と違いシンプルなものを選ぶカップルが多いものです。

予算は二人分で10万円というプチプラ派もいれば、数百万円のブランドものというカップルもいて、昨今の結婚式の多様化に伴い、指輪も一つの傾向に絞れないのが特徴かもしれません。

結婚式はジミ婚化。

お金をかけるところをしぼって、記念に残る日にしたいという傾向があります。

ジミ婚とは、お金をかけるところをしぼって、他の部分をセーブするという感覚です。

海外へ出かけて挙式をする人は、招待客の人数をしぼります。

同様に少人数のレストランウエディングでは、料理やワインには贅をつくします。

私の周りには結婚指輪はオーダーメイドできる大阪のお店でセミオーダー、フルオーダーで作るカップルや、高級ブランドで買うという人がいる一方で、結婚式の指輪交換用だけに格安なものをとりあえず買っておいて、ダイヤモンド婚などの記念にきちんとしたものを買い直すなんていうカップルもいるそうです。

婚約指輪と違い、2つ必要で、毎日身につけるリングなので、キズがついたり経年劣化もあることから、買い替えるアイディアは定着しつつあります。

結婚指輪はつけていることで結婚している実感を感じられたり、第三者にも既婚者であることがわかるシンボルでもあります。

普段はアクセサリーに興味のない男性も、このときだけは、パートナーのリング選びにとことん付き合ってあげる度量を見せてほしいところです。

Comments are closed.